DIGITAL SIGNAGE EYECATCH Co.,Ltd.

デジタルサイネージ

屋外完全対応/防雨型構造

新世代電子看板

安心保証/損害保険加入可

動画看板/液晶看板

ネットワーク接続/遠隔操作

デジタルサイネージのアイキャッチトップページへ! デジタルサイネージの新着情報! デジタルサイネージに関するお知らせ! 屋外対応デジタルサイネージ製品の詳細情報! デジタルサイネージのアイキャッチ会社概要! デジタルサイネージのアイキャッチ代理店専用ページ! デジタルサイネージのアイキャッチお客様専用ページ! デジタルサイネージのアイキャッチお問合せ! デジタルサイネージのアイキャッチ前のページに戻る! デジタルサイネージのアイキャッチ次のページに進む!

 DIGITAL SIGNAGE

 EYECATCH Co.,Ltd.

株式会社アイキャッチ

〒252-0156
相模原市緑区青山2522-1

TEL

042-814-2387

 デジタルサイネージのご用命は、お気軽にご連絡ください。お電話がつながらない場合には、下記デジタルサイネージ担当者直通の携帯電話にご連絡ください。またデジタルサイネージに関するお問合せは、可能ならメールにてお願い致します。

担当者直通

070-6523-5557

 ※都合で電話に出られない事も御座いますが、デジタルサイネージに関するお問合せには折り返しご連絡致しますので、電話番号は非通知にはしないで電話して頂けると助かります。

Google

WWW eye-catch.jp

◇◆Digital Signage Link◆◇

デジタルサイネージ
アイキャッチ正規代理店

㈱JPクリエイト(特別代理店)

株式会社MOST(第一次代理店)

株式会社Luv(第一次代理店)

株式会社K1(第一次代理店)


デジタルサイネージ
他社製品紹介

集客クン

Adrage

REPO

cocomu(ココム)

DR-32VPON1000

TOP VISION

動画付スタンド看板

VISATECH

TRIM VISION

Arunoka


デジタルサイネージ
ソフトウェア関連

サイバーステーション

ソフネットジャパン


◇◆Message◆◇

  弊社のデジタルサイネージ「アイキャッチ」と、他社の製品を是非とも比較してみて下さい。検索サイトにて、「動画看板」、「液晶看板」、「デジタルサイネージ」等で検索すると見つける事が出来るでしょう。

  これまでも、液晶を組み込んだ看板(デジタルサイネージ)は確かに存在しました。しかしながら、その多くが屋外で使用するのは難しく、価格も安くても50万円はしました。また、既存のデジタルサイネージはディスプレイサイズも20インチ前後で一般的に横型のタイプが主流でした。最近になり、デジタルサイネージのディスプレイの大型化が急速に進んでおりますが、当然ながら価格は高めです。

  デジタルサイネージ機器を屋外で使用する為には、防雨型構造設計や優れた廃熱処理の他に、ディスプレイの明るさも関係します。しかし、屋外用デジタルサイネージ機器の輝度を高くすると、発熱や消費電力が飛躍的に高くなり、当然価格も上がります。弊社では、より安くデジタルサイネージをお客様にご提供させて頂く為に、費用対効果を最重要ポイントとしてデジタルサイネージ製品開発に取り組みました。

  輝度が高いデジタルサイネージ製品も、特注にて制作させて頂きますが、基本的には通常のエコ優先のディスプレイを使用した、スタイリッシュで高級感のあるデジタルサイネージ「アイキャッチ」の導入をお勧め致します。

  是非とも、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

アイキャッチ開発担当者

◇◆Information Window◆◇

昨日 今日
累計

Last update:

コラム一覧

デジタルサイネージで動画広告を配信しよう
演出力の高いデジタルサイネージ
活用シーンの多い電子看板のメリット
見たいと思う動画看板にするためのポイント
「お得感」で消費者の心をつかむ
デジタルサイネージを活用出来るシーン
デジタルサイネージがもたらしてくれるもの
電子看板の歴史
動画看板を格安価格でお求めでしたら
商売上手が活用する現代の看板

電子看板の歴史

私たちが生活している現在の日本では、街中で当たり前のように目にする電子看板ですが、電子看板はいつ、どこで、どのような形で日本へ導入されたのでしょうか。こちらでは、電子看板の歴史を紐解いてみます。

電子看板の始まり

私たちが日常生活で目にする電子看板の始まりは、1970年代後半~1980年代の北米だといわれています。ニューヨークや様々な都市で行われたファッションショーを録画して、小売店に設置した大型テレビで流したのが電子看板の先駆けとなりました。

それから数年経った1984年にはカナダの食品会社が、お客様と従業員向けのアナログテレビを店頭に設置した事をきっかけに、レストランやバーなどに次々と設置されるようになっていきます。現在のような電子看板として形成される以前は、アナログテレビが電子看板としての役割を果たしていたのです。

日本への導入

日本への導入は、21世紀という新たな時代の幕を開けた翌年の2002年。車内ドア付近の上部に設置された液晶ディスプレイに、ニュース・天気予報・占いなどの広告が表示される交通機関向けとしてJR東日本が、アナログテレビから形を変えて、「トレインチャンネル」という形で導入を開始しました。

2006年には中央線、2007年には京浜東北線と採用され、私鉄や地下鉄、長距離バスなどの各交通機関でも次々と利用されるようになっていきました。「トレインチャンネル」の導入を皮切りに日本国内では、繁華街にあるビルや駅構内、公共施設、コンビニ、店舗など様々な場所で電子看板が導入されるようになったのです。

弊社は、屋外用としてもご利用頂ける製品の中では、日本最安値格安価格にて電子看板を販売しています。雨天時でも安心してご利用頂ける防雨型構造設計で、廃熱処理にも優れた電子看板です。

コンパクトタイプ、壁掛けタイプ、両側タイプなど様々なタイプをご用意しております。タッチパネルタイプとは違った魅力を弊社の電子看板で感じて頂けると幸いです。製品の詳細は、製品情報をご覧下さい。

 DIGITAL SIGNAGE EYECATCH Co.,Ltd.

デジタルサイネージ

デジタルサイネージとは…いわゆる電子看板の事で、ディスプレイを通じ様々な情報を道行く人々へ発信出来ます。デジタルサイネージ「アイキャッチ」で、抜群のアイキャッチ効果!お店・料理・サービスなどのプロモーションが可能です。デジタルサイネージには欠かせない液晶看板の動画・DVD制作も制作可能です。液晶ビジョンで集客率UP!デジタルサイネージ「アイキャッチ」は液晶看板のすべてを取り入れた高機能液晶看板です。

アイキャッチの特徴

1.デジタルサイネージ「アイキャッチ」は、屋外対応なので雨に濡れても大丈夫!
防雨型構造設計、及び大型FAN&特殊FANを搭載した優れた廃熱処理により、お店の外に設置可能になりました。
2.デジタルサイネージ「アイキャッチ」は、コンテンツの更新も気軽に、毎日でも変更可能!
従来の看板は、電話番号が変わったり、取り扱いする商品の変更したり…内容変更に対応するのも一苦労…その度にコストも掛かって大変でした。デジタルサイネージ「アイキャッチ」は、そんな悩みを解決!日替わりメニューのように、毎日の変更にも楽々対応、コンテンツの更新も気軽に出来ます。
3.デジタルサイネージ「アイキャッチ」は、パソコンも搭載可能で、ご希望に応じてカスタマイズ出来ます!
パソコンを搭載して、ネットワーク環境さえあれば、遠く離れた場所からの遠隔操作も可能!各地に設置した何台ものデジタルサイネージ「アイキャッチ」を、本部にて一括管理も自由自在です。また、デジタルサイネージ「アイキャッチ」なら、日替わりメニューの表示から、動画配信、店内の様子、新規入荷情報等、何でもディスプレイを通して、歩行者に強力にアピール出来ます。
4.デジタルサイネージ「アイキャッチ」は、タッチパネルにも対応!屋外でも10点マルチタッチで自由自在!
屋外でタッチパネルを…とのご要望に応え、ついに屋外でも使用可能な静電気式タッチパネルの搭載に成功しました!10点マルチタッチが可能なので、指10本で自由自在に操れます。店頭に…街中に…駅前に…屋外使用可能なデジタルサイネージ「アイキャッチ」を使って、色々なアイデアが現実のものとなるに違いありません!

 DIGITAL SIGNAGE EYECATCH Co.,Ltd.

推奨環境:Win版Internet Explorer6.0以降/解像度1024×768以上  Copyright(C)2013-2016 株式会社アイキャッチ.All right reserved.